Read Article

ウーマン村本、テレビ出演の手取りはいまも「1万から2万ぐらい」

ウーマン村本、テレビ出演の手取りはいまも「1万から2万ぐらい」
1: 47の素敵な(pc?) (ワッチョイ 470a-a1T9) 2018/10/11(木) 20:56:53.81 ID:V8wHXsrB0
ウーマン村本、テレビ出演の手取りはいまも「1万から2万ぐらい」

明石家さんまのモノマネで知られるタレントのほいけんたが27日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況報告~」(木曜深夜0・12)の“有名人ジャンル別!ギャラ事情SP”に出演。
地声を披露したところ、意外にもナレーターのクリス・ペプラー似の低音ボイスだったため、共演者全員から驚きの声があがっていた。

ほいと言えば、“さんまのモノマネ”でブレイクし、再現VTRなどで引っ張りだことなっている。
さんま以外のモノマネもすることから、MCのネプチューンの名倉潤が「ホンマの声、どれですか?」と質問すると、
しゃがれた“さんま声”で「ホンマの声は…」と言ったあとに「普通の声はこういう声なんですよね」と話したが、地声は意外にもナレーターのクリス・ペプラー似の低音ボイス。

次長課長・河本準一や歌手の華原朋美らは「え~!」「すご~い!」「マジで~!?」と驚き、思わず立ち上がってしまうほど。
するとほいは「みなさんこんばんは。クリス・ペプラーです」と、今度はクリスのモノマネをし、再度、共演者を驚かせていた。

また本題のギャラ事情も、営業は1本15万円前後、テレビの再現VTRは数万円と告白。するとウーマンラッシュアワーの村本大輔は「うう~」とうなり始めた。
自身の手取り額は、会社に差し引かれると「1万から2万ぐらい。これマジですよ」とカミングアウト。
河本は番組のプロデューサーに「本当ですか?」と確認すると、自主規制音で消されたが、具体的な金額が発表された。かなり会社に引かれている事実を知った村本は「すっご!」と驚いていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000033-dal-ent
no title


続きを読む

Source: SKEまとめもん【SKE48のまとめ】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top